TEAM GREXトップページへ










<役員紹介>

 支部長
 大橋 勝
 浜松鱗友会
 S35.01.10
 静岡県の磯釣り場といえば、風向明媚な観光地と温泉で全国的にも知られる伊豆半島一帯がメインになります。
 伊豆半島周りは、西伊豆、東伊豆、南伊豆と釣り場が分かれ、口太がメインになり、魚影が濃く景観が良いことから関東・中部地区からの釣り人も多く訪れる場所でも有ります。
また、少し足を伸ばせば(離島遠征)伊豆七島の神津島、式根島、新島、鵜渡根などの大型尾長の狙える釣り場も有ります。
 私のホームグラウンドは南伊豆、入間の磯です。メジナといえば入間と言われるくらい、伊豆半島の中でもメジナの魚影の濃さには定評が有り、寒の時期には多くのメジナファンで賑わいます。人気磯は、雑誌などで知られる、河伍、牛根、畳根、赤島、等があり、キロオーバーの二桁釣果も夢では有りません。 
 チームグレックス静岡支部は2000年春に発足し二年目と成りました。人と人との輪を大切にしマナーを守り楽しく釣りをしよう。を目的に活動しています。会員数も少しづつ増え現在43名。これからも、この目的の基に多くの会員を募って行きたいと思います。
 GREXウキの、私の一番お気に入りは空です。海中にシモッタ時の安定感がバツグンに良く、狙ったポイントに的確に飛んでくれる操縦性、そしてヘッドが大きく大変見やすいウキ。というのが、私のお気に入り理由。ビギナーの方にもオススメしたいウキです。

 副支部長
中西 孝
 S32.11.15
 静岡県での磯釣りと言えば伊豆半島が上がられますが、現在の伊豆半島は東は関東地区、西では中部地区と静岡県内の釣り人ばかりでなく遠方からも多数の磯釣りファンが訪れ賑やかな所です。魚影は濃いのですが、いかんせん常に釣人が入っている為最近は特に魚がスレているように思います。その為、魚の数を求めればライトタックル化が進み、釣果は釣り人の技量が問われるの
は言うまでも無く釣技術向上の場所には持って来いの場所であると言えると思います。伊豆半島の中でも特に個人的に魚影が濃いと感じているのは西伊豆の田子と南伊豆の入間と妻良ですが、サイズ的には40センチオーバーは良く出ますが50センチオーバーを聞くことは現在の情報化時代でも滅多に聞くことは出来なくなりました。
 最後に伊豆半島は関東から中部地区にかけ貴重な磯釣り場でありチームグレックスの規約第2条を念頭に置き、末永く磯釣りが楽しめれるよう皆様にも宜しく、お願いしたいと思います。
 今回は支部内部の事情により副支部長を引き受けることになりましたがチームグレックスの規約(主旨)は発足当時より共感できる物であり、いち会員の時より協力及び実施して来たつもりです。静岡支部ではグレックスの名に憧れて入会し磯釣り経験の薄い会員を含め現在50名を超える会員がいますが、私は支部内では結構年配の方になりますので若い会員には今後も末永く磯釣りが楽しめれるよう釣技術向上よりも特に安全性やマナーの向上に力を入れグレックスの活動をサポートして行きたいと思っています。
 私は小型のウキが好みなのでグレディアスリム、ダンカンミュー、ナビを使っています。


 副支部長
 伊藤 嘉朋
 G杯クラブ、GFG東海
 チヌ御前崎保存会
 S52.03.13
 静岡県はとても海に恵まれておりフルシーズンを通して、ほとんどと言っても良いくらい釣りが出来ます。北東風なら、西伊豆、南伊豆、西風なら東伊豆や、焼津港、大井川港、南西風なら御前崎港と1年間を通して釣りを楽しんでいます。
私が最も好きな釣り場は、南伊豆の神子元島で伊豆半島の中でも魚影の濃さはピカイチ、下田から10キロ沖に有る大きな島の雄大さ、そして景色もまたピカイチです。人気磯は沖青根、エビ根、アンドロ、カリトの鼻、等があり尾長の40cmオーバー、口太の40cmオーバーの数釣りも夢では有りません。沖青根、エビ根では、1日に数回ギューちゃんに出会えると思いますよ。色々な釣り場で竿を出す事が多いので、見かけたら気軽に声をかけて下さいね!
 魚がまったく釣れなかった私はある日大橋勝さん鈴木弘昭さんという人達に出会い、頭の先から釣りに対する考え方が変わりました。「あんな人達の用に上手くなりたい!」そんな一心でチームグレックスに入会しました。入会してから釣技だけではなく、マナーに対する姿勢、人と人との交流、人間としてひと回りもふた回りも多きくさせられた気がしました。だから私もマナー、釣技、人と人との交流を大切にするそんな人達が沢山いるTEAMにしたいと思っています。
 空(Ku) エコノダンガン




ページの先頭へ↑