中国地区親睦合同グレ釣り大会の結果報告

 今年も中国地区親睦グレ釣り大会を1月11日(日)に、伊勢社長、小野本部長、愛知支部の樹神支部長、織田副支部長にも参加いただき、総勢59名を得て高知県鵜来島を会場に開催しました。
大会は例年のような大型尾長グレ、大型口太グレのアタリが少なく、厳しい状況下の釣りとなりましたが、事故もなく無事に大会を終えることができました。
大会規定はグレ3匹までの総重量で行い、審査した結果、島根副支部長の谷口さんが規定の3匹を揃え、見事優勝を果たされました。
他の結果は下表のとおりです。役員及び会員の皆様には大変お世話になりました。

 
島根支部 副支部長(事務局)  宮廻 裕

順位 氏  名 検量(kg)
3匹までの重量
備  考
1 谷口  学 2.46 島根副支部長
2 山本 幸生 1.80 広島支部
3 織田 裕行 1.72 愛知副支部長
4 三谷 秀樹 1.55 鳥取支部※1匹長寸45.5cm
5 日吉 譲二 1.17 山口支部
6 清水 則久 1.16 鳥取支部
7 大槻 晴美 1.16 山口支部
8 陶山 治美 0.93 鳥取副支部長
9 永瀬 晋治 0.89 島根支部
10 栂   仁 0.85 島根支部



優勝 谷口氏 優勝 谷口氏釣果
準優勝 山本氏 3位 織田氏
4位 三谷氏 1匹長寸45.5cm
集合写真
<優勝者のコメント>
島根支部副支部長 谷口学

 去る、1月11日高知県鵜来島において開催された、GREX中国本部親睦グレ釣り大会に参加しました。今年は、広島支部会長、和田さんの計らいで私を含めた役員は前日から鵜来島で竿を出す事が出来ました。前日は全体的に魚の活性が低く、私は「ボウズ」を食らってしまい翌日の親睦大会が思いやられる状況でした。しかし、夜にはこの日、中泊で釣りをして来た他の島根支部のメンバーと焼き肉で乾杯し気分を入れかえ早めの就寝にしました。
 大会当日、59人の参加者が集まり磯割の抽選により49番を引いた私は、グンカン、水島方面行きを決めた他の参加者の歓声を尻目に、鵜来島本島のイカリモトへ磯上がりしました。朝の尾長の一発にそなえ4号ハリスをセットし足下にまきえを打つと前日には確認出来なかった餌取りの姿が見えます。俄然やる気を出し、手返しを続けると、0号のエコノグレディアがゆっくりと海中に消えて行きます。しっかりと仕掛けを送り込んで、合わせを入れると忘れかけていたグレの感触が伝わって来ます。大事にタモ入れをして2匹目を狙いますが当たりが無いのでハリス、ハリを小さくしてシモリの際を狙うと納竿までに3匹のグレが釣れ港へ帰りました。
 釣りを終えた参加者達の表情は強風と魚の活性の低さに疲れた様子で、検量の結果優勝させて頂く事が出来ました。
 表彰式では、この度改良された、GREXの43pバッカンをはじめ、沢山のGREX商品を伊勢社長より手渡しして頂き、今大会を締めくくる事が出来ました。
 全体的な釣果には恵まれませんでしたが、事故もなく大会を運営された役員の皆さん大変にご苦労様でした。




<優勝者谷口氏の仕掛け図>